ペアガラスと二重サッシの違いとメリット・デメリット|ガラス板の専門店 オーダーガラス板.COM

知っておきたい ペアガラスと二重サッシの違い

メインビジュアル

「冷房や暖房をかけていても、夏になると暑く冬になると寒い…」「窓の結露がひどくて掃除が大変…」とお悩みではありませんか? その原因は窓ガラスにあるかもしれません。窓を変えるだけで快適な住まいに近づきますよ。

そこで今回は、窓のリフォーム・リノベーションでも特に人気な「ペアガラス」と「二重サッシ」の違い、それぞれの性能について紹介していきます。メリットデメリットを知っておくことで、後悔しないガラス選びをしてくださいね。

「ペアガラス」と「二重サッシ」の違いは?

「ペアガラス」と「二重サッシ」は「ペア」や「二重」といった似たような意味が含まれているため混同されやすいのですが、まったくの別物です

ペアガラスとは

ペアガラスとは、2枚のガラスの間に空気層が設けられたガラスです。近年建てられる住宅の窓ガラスは、ほとんどがこのペアガラスで、普及率は70%ほどになります。

ペアガラス 画像 -1

二重サッシとは?

二重サッシとは、既存の窓の内側に新たに設置する窓のことです。また、「内窓」「インナーサッシ」「二重窓」とも呼ばれています。

二重サッシ 画像 -1

このことから二重サッシは窓枠ごと二重になっているもの、ペアガラスはガラスのみが二重になっているということが分かりますね。

ペアガラス

  • 窓ガラスのみが2枚になったもの
  • サッシは1つ

二重サッシ

  • 窓にガラス戸を二列に配置したもの
  • サッシが2つある窓

「ペアガラス」と「二重サッシ」の選び方

ペアガラス

ペアガラスは、断熱効果が高く、冬は暖房・夏は冷房の使用量を減らすことができ省エネ・節電につながります。また、ペアガラスは従来の単板ガラスよりも厚みが厚くなるため、窓ガラスの交換を行う場合は特殊なアタッチメントを使用するか、サッシごと交換する必要があります。

既存のサッシをそのまま使用してガラスを交換したいという方は「スリムペアガラス」がオススメです。スリムペアガラスは、クリプトンガスを使用することによってペアガラスとしての性能は変わらずに従来のペアガラスよりも厚みを薄くしたガラスになります。下のお写真は、スリムペアガラスに交換した事例です。窓の結露が大きく改善されています。

リンク先記事 サムネイル

ペアガラスの種類についてはこちら!

弊社で販売しているペアガラスを「サッシ交換が必要なもの」「サッシ交換が不要なもの」で分類した全9つを比較し、ご紹介しています。

ペアガラスは、断熱・遮熱効果はもちろん、見た目や使い勝手も従来のまま使用できる点がメリットです。デメリットとしては、内窓のような防音効果は得られない点やアルミサッシ部分の結露は解消されにくい点があげられます。

メリット
  • 見た目は現在と変わらない
  • 使い勝手も現在と変わらない
  • 今あるサッシをそのまま使える ※スペーシアの場合
デメリット
  • 二重サッシの方が防音の効果が高い
  • サッシ(窓枠)部分の結露は解消されにくい ※アルミサッシの場合
こんな方にオススメ
  • 今の窓のデザインや使い勝手のままが良い
  • 窓ガラスの結露に困っている
  • 室内の寒さを軽減したい
  • 窓からの日射熱・紫外線を軽減したい
ペアガラス 商品画像

ペアガラス

ペアガラスはガラスとガラスの間に空気層をもつガラスで、断熱性能や結露防止効果を高めたガラスです。

二重サッシ

二重サッシは、遮熱、断熱、結露防止以外にも、防音や防犯効果を目的に設置されることも多いガラス窓です。特に防音効果が高く、屋外の騒音を防ぎたい方や楽器を演奏したいという方には二重サッシがオススメです。こちらのお写真ではアルミサッシの窓の内側に木枠の二重サッシを設置されています。

二重サッシ 施工例

二重サッシにすることで、防音効果が非常に高く、既存の窓の内側に窓を作るだけで遮熱性・断熱性の高い住まいになるため、リフォームで二重サッシにするという方も多くいらっしゃいます。デメリットは、窓が二重になるため開け閉めも二回行う必要がある点と、見た目が変わる点があげられます。

メリット
  • 防音効果が大きい
  • 断熱効果が高い
  • 省エネ効果が高い
デメリット
  • 窓を二回開け閉めしなくてはいけない
  • 窓枠部分に取り付けるため、施工条件に制限がある
  • 内側に窓がつくため、見た目が変わる

内窓が取り付けられる施工条件って?

二重サッシは引き違いの窓のみ設置が可能です。上げ下げ窓や内倒し窓、天窓など外窓が内窓に干渉してしまうような窓には二重サッシの取り付けはオススメしません。また、設置の際は内窓を取り付けられるだけの窓枠のスペースが必要になってきます。取り付けのスペースがないという場合は、「ふかし枠」という部材を窓枠に設置することで、施工が可能ですので気になる方はご相談ください。

施工条件 バリエーション
こんな方にオススメ
  • 室内の寒さに困っている
  • 安価に施工を済ませたい
  • 断熱効果のある窓にしたい
  • 防音効果のある窓にしたい
  • サッシ部分まで結露を解消したい
    ※内窓を付けても結露を100%防げるわけではありません

快適な住まいに変える選び方のコツは?

「ペアガラスと二重サッシどちらも断熱性が高く省エネ効果が期待できますが、使い勝手の面で違いが出てきます。

種類 ペアガラス 二重サッシ
結露防止
断熱効果
使い勝手
※変わらない

※開け締めは2倍
掃除の手間
※変わらない

※ガラスの枚数も2倍

二重ガラスは取り付けるためのスペースが必要になったり、窓ガラスの枚数が2倍になるため窓ガラスの掃除も2倍、しなければいけなくなったりします。

一方でペアガラスはガラスを交換するだけで断熱性を高めることができるので、スペースが必要になったり掃除の手間が増えたりすることが有りません。ペアガラスと二重サッシで迷っているのであれば、今あるサッシをそのまま使用できるペアガラスへの交換がオススメです。

当サイト、オーダーガラス板.COMでは今回紹介したスリムペアはもちろんのことより高機能なペアガラスも取り扱っています。「ペアガラスのことをもっと知りたい」、「ペアガラスに交換したい」という方は、お電話または下記フォームよりお問い合わせください。専門のスタッフが丁寧に対応いたします。

ステンドグラス風ガラスの専門サイト「ステンドグラス窓.COM」に移動します

鏡(ミラー)の販売専門サイト「鏡の販売.COM」に移動します

No. 詳細

商品画像
No
ガラス種類
サイズ
切断面
程度
在庫数
価格 0円 0円
備考
この商品の紹介ページはこちら
中古品のお問合せはお電話でお気軽にどうぞ!
電話受付時間 9:00~18:00 月~土曜日
最短1分でお見積り!
  • お見積もり無料
  • 専門スタッフが対応
無料見積りはこちら